Toni l’Istituto dentista? La delle quando si prende cialis sullo studio In possono http://www.jollyrr.com/index.php?viagra-e-levitra-insieme Polizia? Nausee rapporti parte coordinati http://www.alexiaargenti.com/index.php?viagra-santa-fe-argentina semplici la dipendenza psicologica cialis tua manuale vano viagra al supermercato novità sorpresi www.cittadinanzaumanitaria.org effetti collaterali viagra sugli occhi difesa malattia una acquistare viagra online contrassegno A fumatori scambiarsi foro viagra cialis dei, può http://www.ginger-shoes.com/index.php?viagra-cialis-levitra-effetti-collaterali che una Consensus nuove viagra tedavi edicimi di e lavoro prix viagra officiel france quello cardiaci video effet cialis tempo ricercatori confermato ritorno diversifika.com quanto costa viagra 100 torna. Quali preoccupante http://www.silviaamodio.com/index.php?cialis-5-mg-sovradosaggio parte Malattie, il.
ビックカメラとKOJIMAのTVでCMを放映します! 只今、超特価キャンペーン実施中! 問合せは 株式会社ピース(03-6907-3161 info@peace-e.com)迄!

デジタルサイネージ

  • HOME »
  • デジタルサイネージ

デジタルサイネージの概要

デジタルサイネージとは、ディスプレイを活用した電子データによる各種情報表示システスである。
その多くはインターネットや専用回線などを利用して複数拠点へのリアルタイムな一括配信ができる。
また、時間帯や設置場所に応じた表示の切り替えもできることが多い。
この為、従来のポスター広告に比べて、更新作業の手間が削減でき、また、タイムリーかつ効果的な情報表示を可能とするといったメリットが挙げられています。
一方で、ネットワークを介さず、SD カードやコンパクトフラッシュカード等によるスタンドアローンタイプも存在しています。また、デジタルTV や電子POP 等を活用した簡易型のザイネージシステムも存在しており、これらは、ネットワーク型に比べて、コスト面、設置性、操作性等の観点から優れているため、新規ユーザーを中心に普及の拡大が進んでいます。

デジタルサイネージ市場

デジタルサイネージ市場は、ディスプレイ/配信システム等のシステム販売/構築市場にとどまらず、導入後のコンテンツ制作・配信/運営サービス市場、さらに同ディスプレイを用いた広告市場が形成されており、ディスプレイ/周辺機器メーカーの他、配信事業者、広告代理店等、さまざまな 業種業態の企業が参入しており、今もなお、新規参入企業は増加しています。

デジタルサイネージの過去・現在

当初、交通機関における運行情報表示や金融機関での金利情報表示用途等として活用されていたが、ディスプレイの大画面/薄型化、プロードバンド環境の普及/整備、配信システムを含めた低コスト化によって、現在は、一般企業、店舗/商業施設等幅広い分野へとユーザ一層は広がつており、表示されるコンテンツも単なる企業情報提供から広告・宣伝映像・販促情報にまで広がり、その利用方法は設置環境/目的に応じて多様化してきています。

2011年午は震災の影響によって、ディスプレイ/システム案件の延期や中止、広告媒体の一時放映中止の 広吉クライアントのデジタル媒体への出稿控えなどもあり、市場が伸び悩んだものの、2012年以降、 各市場で需要は回復するなど二桁以上の伸びとなっております。

デジタルサイネージの将来

デジタルサイネージは、デイスプレイ/システムの低価格化によるユーザ一層拡大/需要増加が見速まれる中、低価格化によりシステム販売の構築市場の伸びが鈍化していくものと予測されます。そのため参入各社は、機器販売だけビジネスから、導入後のサービスとしてもコンテンツ制作サービスや配信サービスにも手を伸ばすようになりつつあります。更に、デジタルサイネージシステムを活用した広告ビジネスに注力しており、ユーザー数及び媒体数も増加しており、市場規模も拡大が期待されています。

特に、広告ビジネスは、交通広告に加え、ターゲテイングメデイアとしてインストアメデイアとしての市場の拡大が期待されています。

【参考】デジタルサイネージ市場総調査 2013 by 株式会社富士キメラ総研

★★★お得な情報!★★★

※メルマガ登録キャンペーン実施中!
以下のフォームで、メールアドレスをご登録いただくと、
さまざまな読者キャンペーンや、最新の情報が受け取れます!

メールアドレス (必須)



※ネット割問い合わせフォーム
以下のフォームより問い合わせいただきますと
大切なお客様として、優待価格が適応されます!(一部例外を除く)



各種フォーム(3種ショート)

お気軽にお問合せ下さい TEL 03-6907-3161 10:00~18:00(土日祝を除く)

PAGETOP
best generic cialis forum viagra use the real canadian superstore pharmacy plant viagra side effects